長年のつらい腰痛。治すなら今!

整形外科で検査してもらっても異常なし。もらうのは痛み止めとシップくらいであとは時間が解決してくれるのを待つのみ…

整骨院・接骨院に行っても電気治療ばかりであまり改善しない…

腰痛で悩まれている方からはよくこのような声を聴きます。

整体自然ではお客様それぞれに合った治療でからだの回復を促し、長年辛い思いをしてきた腰痛から解放されるお手伝いをいたします。


腰痛は肩こりや膝の痛みなどを作り出す症状です。

腰に痛みがない人でも、腰の動きが悪いことで他の部位に動きの制限を作り、痛みを出している可能性があります。

ぜひ一度、腰痛ある方もない方も整体を受けてみてください。

一度の施術でも動きやすさが変わります。

腰痛の種類

腰に痛みを起こす要因も色々あります。

  1. 骨・筋肉からくる痛み
  2. 神経障害(ヘルニア・脊柱管狭窄症など)からくる痛み
  3. 心因(ストレス)性の痛み
  4. 内臓疾患からくる痛み

に分類できます。

 

整体自然では主に1・2の腰痛にアプローチしていきます。

ただし、からだ全体のバランスを観ながら調整していくので3の心因性の腰痛にも効果が期待できます。

 

腰は人間の「要」

腰という字はにくづき(月)に「要」です。

まさに人間の動きでとても重要な部分になります。

普通に生活していると特に気になりませんが、重度のギックリ腰になったりすると全く立ち上がれなくなります。

それだけ腰の動きというのは重要になってきます。

 

腰に痛みがない人でも日々の生活で腰に大きな負担をかけています。

一度ケアを考えてみるのは今後の生活をより楽しくしていくにはいいかもしれませんね。

腰痛になりやすいのは?

基本的には腰に負担のかかる前かがみの多い仕事や同じ姿勢が長時間続くような仕事をされている方に多いです。

介護、看護師のトランス動作

保育士

こどもの目線に合わせて行動したり、抱っこが多いため。お疲れの方が多いです。

産後のお母さん

産前に腰痛を持っていた方は妊娠中から腰痛が出る方が多いです。

スポーツによる腰痛

過度な練習量や無理な動きが続くと腰を痛めます。

スポーツ選手の場合、ヘルニアや分離症などを起こす方が多いです。


腰痛を根本的に治すには!?

整体自然では腰痛が出ているお客様の腰だけではなく、「股関節」の動きに注目して施術をしていきます。

 

腰に痛みが出ている方のほとんどが股関節の動きが悪くなっています。

 

股関節は体幹と下半身をつなぐ大きな役目があり、そこにはとても重要な筋肉がたくさんついています。

股関節、骨盤は腰痛治療では最重要部位であり、そのあとに足首や膝などの腰から離れた部位のバランスを整えていきます。

妊娠中・産後の腰痛が起こりやすい理由は!?

妊娠による身体、特に腰へのダメージはなかなか大きいです。

 

妊娠中の腰痛発症率:50~70%

 

半数以上の妊婦さんが腰痛を発症していることになります。

産前から腰痛を抱えていた方は妊娠したことでより痛みが強くなる方も少なくありません。

 

では、なぜ妊娠すると腰痛になりやすくなるのか?代表的な理由を2つ紹介します。

理由① 胎児を支える姿勢からくる腰痛

妊娠中は胎児の成長に伴い、お腹が大きくなってきます。するとそれを支えるために体幹を反らせ、腰も大きく反ることになります。

日中などの活動中はこの姿勢が維持されるため、持続的な負担が腰の筋肉にかかり腰痛となります。

 

理由② リラキシン分泌による骨盤輪不安定症

リラキシンは卵巣や子宮、胎盤などから分泌される女性ホルモンの1つです。

主に妊娠中に分泌量が増え、関節や靭帯を緩める作用があります。

リラキシンのおかげで、ママの骨盤などの関節や靭帯が緩まって、分娩時に赤ちゃんが産道をスムーズに通り抜けられるのですが、このホルモンの影響で骨盤の安定性が悪くなり、腰痛になってしまうことがあります。

 

このようにして妊娠に伴いでてきた腰痛は産後にも残ってしまい、約50%の産後1カ月以内のお母さんに腰痛の症状が出ていると言われています。

 

産後の骨盤矯正、身体のケアに興味がある方はこちらも合わせてお読みください。